【英語コーチングで大人気】イングリッシュワークアウトで人生を変えたいんじゃ!

 

今も昔も英語力がある人とない人では大きな差を生みます。特に世界を舞台に活躍するような人の場合は、この英語力が人生を左右することもあるため、非常に重要なスキルであることは誰もが認めるところですよね。

 

そんな中、圧倒的な英語力を身につけることができると話題を集めているのが、今回紹介する「イングリッシュワークアウト」になります。本気で英語力を身に付けたい方は必見です。


 

 

イングリッシュワークアウトは本気で英語を学びたい人に効果抜群!

世の中には多くの英会話教材だったり、教室だったりがあります。例えば、最近流行っているのは「とりあえず喋ることができればよい」程度のレベルに達したいというモノ。ちょっとした海外旅行程度であれば、これで十分です。しかし、ビジネスシーンなどの場面で使いたい場合は、まったく話が変わってきます。なぜか?答えは至極簡単な話で、こちらの意図・思いを伝えることが必須スキルだからです。これができるようになりたいのであれば、かなりの英語力が必要となってきます。

そもそも日本人でも日本語で自分の思いを伝えることって難しいですよね?中には「いつも何を言っているのか分からない」と言われてしまう人もいらっしゃるので。これをきっちりと伝えられるようにしてくれるのがイングリッシュワークアウトです。

 

イングリッシュワークアウトは世界で物怖じせず自信が持てる効果がある!

文章構成力がアップする効果が期待できる

1つ目に紹介する効果は「文章構成力が上がる」ということです。結局のところ、何を伝えたいか?という話になったときに、文章をどうやって組み立てるのか?が重要になってきますよね。例えば、ビジネスシーンでよく言われるのが「結論から先に言いなさい」ということ。日本語であれば、サクッと伝えることができるのですが、英語だとどんな単語を並べ、どんな文章構成をすればいいのか?と考えてみると意外と難しいのです。基本的には文法に沿って構成していきますが、やはり伝えやすい順番というものあります。この辺りをきっちりと教えてくれるわけです。

よくあるパターンが、英語は読めるのだけど、いざ会議とかになったらまったく発言ができなくなってしまうというパターンです。これは、結局のところ「文章をどうやって組み立てて伝えればよいのか?」が分からないからです。ここにきっちりと伝えることができる文章が頭で組み立てることができれば、やはり自信をもって伝えることができるようになりますよね。

 

ハイブリットで理解できるようになり会話スピードが上がる効果

日本人がよくやってしまう英語の勉強法ですが…「一旦、英語を日本語にして理解する」「日本語の文章を考えて英語の文章に変えて発言をする」というステップを踏んで英語化・日本語化をしていきます。実はこれって、凄い労力がいることで、かつ凄く難しいことを頭の中でやっている状態です。というのも、頭の中にさまざまな言語や単語、文章が出現してくるため処理が間に合わないわけですね。なので、刻みの良い会話ができなくなってしまうわけです。結果、相手の気持ち的にもモヤモヤがでてしまって、なかなかどうして気持ちのよい会話ができない状態に。

しかし、イングリッシュワークアウトでは「英語は英語」「日本語は日本語」としてくれて変換作業を端折ってくれる効果が期待でき会話スピードが一気に上がります。例えば「Yes」という単語…いちいち「はい」っていう日本語にして理解しないですよね。もう既にYesという単語があり、Yesという意味なのです。非常に単純な例ではありますが、基本的な考え方はこのようなイメージです。ただ、日本人はこういったことが苦手な部分もあるため、みっちりとトレーニングで身に付けさせてくれるはずです。

 

認定コーチ制度で着実なレベルアップ効果を望むことができる

最後に紹介する効果が「確実・着実なレベルアップ効果を望むことができる」ということになります。お金を払ってサービスを利用している以上、至極当たり前の話ではあるのですが…なかなかどうしてレベルアップ効果が思ったよりなかったという人も正直なところ多いです。しかし、イングリッシュワークアウトでは、これをきっちりとしてくれるという優良業者です。

理由はなぜか?それは認定コーチ制度という制度を活用しながら英語を教えてくれるからです。つまり、英語を教える側をしっかりと教育をしてから利用者に対して英語を教えてくれるという段階を踏んでくれるのです。コーチ側は英語力が高いことは必須スキルであり、当たり前の話です。しかし、意外と「教える」ということが苦手なコーチも多いのも事実です。その結果、思っているほどの効果が挙げられなかったとなるわけですね。

イングリッシュワークアウトでは、認定コーチとして、マスターコーチ、シニアコーチなど、さまざまなコーチスキルで対応をしてくれるようになります。まさに利用者としては安心して学ぶことができる制度といえるのではないでしょうか。

 

 

イングリッシュワークアウトのよくある質問

決して安くはない金額を支払って英語を学んでいくことになるため、絶対に失敗したくないですよね。となると、いろいろな疑問点が生じることになります。なので、ここではよくある質問をまとめておくため参考にしてみてください。

まずはこの手の英会話学習であるのが「忙しくて途中で学べなくなってしまう心配」です。したがって、よくある質問として「仕事が忙しいですが最後までできますか?」というもの。当然、イングリッシュワークアウトとしては問題ないというお話。というのも、各々のライフスタイルとペースで勉強していくのでやりきることができるそうです。

「どうしてもセッションを受けることができない場合は?」と、こちらも仕事などの影響で学ぶことができなかったときを憂慮してのあるある質問です。回答としては「基本的には毎週1回は受講するようにしてください」が前提で、それでも難しい場合は、月内のどこかにずらすことが可能とのことでした。ただし、セッション間の感覚が短くなることになるため、INPUT量が制限されてしまう弊害がでることは理解しておきましょう。

 

 

イングリッシュワークアウトの返金方法の注意点

イングリッシュワークアウトでは返金に対応してくれています。しかし、いくつかの注意点があるので、ここで紹介をしていきたいと思います。

1つ目が、入会金と教材代に関しては返金することができないことです。あくまでも入会金は入会するときに必要となるお金で、入会してしまえば支払い完了となるため、何をどうやっても返金されることはありません。また、教材についても返品することはもちろん、もう自分自身のモノで中古品になり、それに対しての返金というのは、やはりおかしな話なので「できなくて当然」といったところでしょうか。

2つ目は、返金手数料が2,000円(税別)が必要となることです。税込みだと、2,200円となるため、そこそこの金額で厳しいところです。なので、可能な限り途中で辞めるという選択肢は最終手段として取っておきたいところです。この返金手数料が確認出来次第、指定された銀行口座に振り込みされます。

3つ目は…返金金額について。翌月以降の換算分となり、月の途中で解約した場合の回数割はされないのも注意点として挙げられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事