【Excel豆知識】ちょっと使えるエクセルの豆知識ご紹介!

普段の業務でエクセルを使う機会は多いんじゃないでしょうか?

役に立つショートカットや豆知識をご紹介していきます。

今回は割と初心者向けの内容となっています。

仕事の効率化に役立ててくださいね!!

 

ちょっと役に立つ豆知識 ショートカット編はコチラ↓

1シート名をWクリックすると、シート名の変更ができる。

Excel豆知識。シート名の変更はWクリックだけで編集できる

わざわざ右クリック→「名前の変更」を選択しなくても、ダブルクリックだけでシート名が変更できます
Wクリックとは、左クリック2回押しのことを言います。

 

 

2「Ctrl」を押しながらマウスホイールを上下に動かすとExcel画面の倍率が変わる

Excel豆知識。拡大縮小などマウスホイールで自在にズームをする方法

「Ctrl」を押しながらマウスホイールをに動かすと、倍率が大きくなっていきます。
「Ctrl」を押しながらマウスホイールをに動かすと、倍率が小きくなっていきます。
印刷プレビューの時でも使えます。

 

 

3Excelシートの一番下の行は、1,048,576。

Excel豆知識。一番下のセルの番号は?

Ctrl」+「」で、一番下のセルまでジャンプします
100万個以上の行があるのですね…。
さすがにそこまでデータを入力すると重くて動かなさそう…。(笑)
大量のデータを扱う方は頼もしい数ですね!

 

4Excelシートの一番右端は、XFD。

Excel豆知識。一番右端のセルは?

Ctrl」+「」で、一番右のセルまでジャンプします
16,384番まで横に伸びてます。
行数に比べ、列数のほうが圧倒的に少ないですが、それでも約1,6000個あります。

 

 

5セル内の改行は「alt」+「Enter」

Excel豆知識。簡単に文字列の折り返しをする方法

文字が横に長く入力される場合、途中で改行することができます。
「Alt」+「Enter」を同時に押すことで、文字を折り返して全体を表示することができちゃいます。
わざわざ「セルの書式設定」→「配置」タブを押下し設定せずとも、このショートカットキーを知っていればかなりの時短になりますね。



6拡張子が「.xlsx」のエクセルファイルは、zipファイルに圧縮し解凍することで、全ての画像がファイルに保存されている

Excel豆知識。圧縮すると、中身の画像も全て保存される

 

7「.xls」よりも「.xlsx」の方がファイルサイズは小さい

Excel豆知識。中身が同じファイルでも、.xlsxのほうが軽い

どの形式でエクセルファイルを管理するか、保存時に選定することができる拡張子。
「.xlsx」を選んで保存することで、ファイルの容量・サイズは「.xls」と比べて軽くなります。
Excel2007以降で作られたエクセルファイルは、自動で「.xlsx」となりますので、わざわざ選ぶ必要もないですね。
「.xls」を選んだ場合、Excel2007より前のバージョンのExcelでも、ファイルを自由に開き、編集することができます。
普段、ビジネスや学校などで使うExcelは、大体が2007以降のエクセルだと思うので、基本は「.xlsx」で保存するようにしましょう。

 

8オートフィルを使えば、「甲」「乙」「丙」の次が分かる

Excel豆知識。オートフィルを使えば甲乙丙の次が分かる!

みなさま、「甲」「乙」「丙」の次、ご存知ですか…?
実は、「甲」「乙」「丙」とセルに入力し、オートフィルを使ってみると…なんと次も出てきます!
そろそろ気になってきたでしょう?
続きはエクセルで試してみてください。

 

9オートフィルを使えば、旧暦(睦月→如月→弥生…)も分かる

Excel豆知識。オートフィルを使えばこんなこともできます

オートフィルは非常に便利なツール。
日付、星座、数字など連続したデータを規則的に表示させるオートフィルは、なんと旧暦も対応しているんです。
睦月→如月→弥生のつぎは…?
続きはエクセルで試してみて下さい。

 

 

10Excelでよく耳にする「行」「列」の簡単な覚え方

Excel豆知識。「行」と「列」の簡単な覚え方

Excelの「行」と「列」…覚えるのが難しいという声を多く聞きます。

そこで簡単な覚え方を伝授!

漢字の一部を見ると覚えやすくなります。

■「」は、「」の通り横方向に伸びている
■「」は、「」の通り縦方向に伸びている

 

 

11「名前を付けて保存」のときに、拡張子を選択するプルダウンで簡単にPDFにできる

Excel豆知識。保存するときに、PDFに簡単に保存することができる

Excel形式で保存→ソフトを使ってPDF変換
なんてしなくても、Excelを保存するときに、PDFを選ぶことが出来ます

「名前を付けて保存」の後に起動される画面で、「ファイルの種類」を「PDF」に変えるだけ。

もちろん閲覧する場合はAdbeReaderなどが必要ですが…。
案外便利です。ぜひ活用してみてください。

 

 

ついでに・・・

コロナウイルスの蔓延によりテレワークが導入されて職場以外で仕事をする機会が増えたり、
外出自粛によって家で過ごす時間が増えて、インターネット動画サービスの利用をすることが増えてきたのではないでしょうか?

 

  • 新規でインターネットを始めるという方
  • 月額がとにかく安く使いたいという方
  • 手軽にインターネットを始めたいという方
  • 工事などはしたくないという方

 

今ならキャッシュバック特典もあり!!

ぜひ、公式サイトをチェックしてみてください!!

 




今回はここまでまた次回をお楽しみに!!

 

 

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事