【PHP】Laravel5.8→Laravel6系への更新手順
Laravel5.8→Laravel6系の更新手順。
サーバーでPHP7.2以上が使える場合は、Laravel6に更新して作業を進めた方がいいかと思います。

composer.jsonの更新

バージョンの変更

"php": "^7.2",
"jeroennoten/laravel-adminlte": "~2.0",
"kyslik/column-sortable": "^6.2",
"laravel/framework": "^6.0",

 

 

削除
"xethron/migrations-generator": "^2.0"

composer updateの実行2. routeの記述の修正
route('admin.xxxxx.edit', ['id'=> $item->id])
route('admin.xxxxx.edit', $item)





PHP、Laravelをモット勉強したい方はこちら!


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事